Menu

教育目標

Home

教育目標

教育理念

当園の教育理念は、学校教育法に定められた幼稚園教育要領に基づきながら幼児教育をし、心身ともに健全な社会人としての人格形成の基礎を育成していく事です。人として、幼児期は最も大事な時代です。ご家庭と幼稚園とが信頼関係を作ることで、子ども達が安心して園生活が送れます。
幼稚園は子ども一人ひとりの成長に合わせ、人や物とのかかわりの中で感情や情操が育ち、人間として成長がなされるのです。また、人間の存在価値は人間関係の中にあります。
子ども達は、楽しいと感じる時が伸びる時です。そして、遊びの中でいろいろなことを吸収していきます。外遊び・クラス活動が充実できるよう工夫した保育を心がけております。
幼稚園では、なかよく遊んだり、けんかをする中で、「お友達っていいね。」「人っていいね。」と思える良い人間関係の基盤を作れるように、子どもが主体になり、遊びを通した総合的な活動によって、それぞれの狙いが達成されるように、日々努力を重ねております。

教育方針

「ただしく・なかよく・たくましく」を園訓に一人ひとりの個性を大切に愛情を持って、子ども達に接しております。人と人とのかかわりを大切にし、『挨拶のできる』『思いやりのある』『元気いっぱい』のサクラノ幼稚園の子ども達をめざしております。

サクラノ幼稚園 園訓
ただしく・なかよく・たくましく

正しく、仲よく、たくましい健全な心身の基礎を培うことを目指しています。
ひとりひとりの子どもと心を通わせながら、個性を伸ばし強く生きる力を養うことにつとめています。

正しく

礼儀正しく、正しい判断のできる大人になってほしい。
正しい判断はとても難しいことだと思います。やっていい事・悪い事を自分で考えられる事です。人と関わることで、身についてきます。自分で物事の善し悪しを考えて、行動する力をこの時期に養いたいです。

仲良く

友だちや周りの人たちを大切にする気持ちの持てる人。
大人が周りの保護者・友だち・御近所の方・家族・祖父母・子ども達を大事にする姿を見る事が思いやりのある子を育てる1番の近道です。

たくましく

心身ともにたくましい人。幼稚園は、丈夫な体と健康な心を作る過程です。
社会のルールを守ることで、より良い社会生活が送れる事を知ります。
幼稚園では沢山のお友だちがいるので、順番を守ったり、時間になったら、遊びを中断して片づけるなど、自分の頭で考え、自分の言葉で伝え、自分たちで答えを導き出すことも「たくましさ」と言えるでしょう。
失敗をした後は周りの大人があたたかくフォローをし、失敗にくじけないこともたくましさに繋がります。

教育内容

1.自然とのふれあいを大切にし、命の大切さを見つけ、考察や観察の中で、好奇心・探究心豊かな子に。

2.楽しい遊びの中で友達とのかかわりや自主性を育て、心豊かな子に。

3.集団生活を通して大勢の友達と仲よくするためのルールを学び、がんばり強く思いやりのあるすこやかな子に。

4.基本的生活習慣を身につける中で、物を大切にする心。進んで挨拶のできる子に。

5.講師による体育等の指導を通して、健康で明るく生き生きとした協調性豊かな子に。

6.ハーモニカや鍵盤ハーモニカを通して、音楽の好きな情緒豊かな子に。

自然とのふれあいを大切に

友達といっしょってたのしいね

ござを敷くお手伝い

元気におはようございます

体育でボール遊び

ハーモニカ大好き

ページトップへ